コラム:老人ホームについて知ろう!No.1|老人福祉施設
TIPS1
ライター:真生衣紗

2005年度(平成17年)の総人口に占める高齢者人口の割合は20.1%(推計、総務局・統計省による)でした。1989年(平成元年)の11.61%と比べ、高齢化率(65歳以上の高齢者が人口に占める割合)が8.49ポイントも上昇しています。

イメージ
高齢化率は今後も上昇し続け、2016年(平成28年)には総人口の26.5%(推移)、さらに2033年(平成45年)には30.2%(推移)、 2050年(平成62年)には35.7%にまで達し、2.8人に1人が65歳以上の高齢者という、想像もつかないほど高齢化の進んだ社会が到来します。(国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口 平成14年1月」の統計による)

一般的に、高齢化率が、7%を超えると「高齢化社会」、14%〜21%を「高齢社会」、21%を超えると「超高齢社会」と呼んでいます。

この数値から、現時点では「高齢社会」ですが、近い将来「超高齢社会」が訪れることが予想されます。今後「超高齢社会」を迎えるにあたり、誰もが、年金問題、介護保険の負担増について不安を感じ、また「終の棲家をどこにするか」という問題にもぶつかります。
これまでは、子供と一緒に住むといった選択をしている方が多かったのですが、現在、老人福祉施設の多様化により「老後、どのように生きていき、終の棲家をどこにするのか?」……各個人が、自分自身の問題として考え、選ぶ傾向にあります。

そんな中、高齢者の「健康」「孤独」「経済」といった3大不安の中でも「健康」と「孤独」を緩和、安心、楽しく生活できる場として「老人ホーム」を選択肢の一つとして考える方が年々増加しています。 さて、「老人ホーム」を知る前に「老人福祉施設」について、まず理解しておきましょう。

法律では、老人福祉法の第5条の3に定めがあり、「老人福祉施設」とは、「老人デイサービス(通所介護)センター」「老人短期入所施設」「養護老人ホーム」「特別養護老人ホーム」「軽費老人ホーム」「老人福祉センター」「老人介護支援センター」とされています。
(次ページへ続く)

次へ

↑ページ上へ
あなたにあった施設をチェック
e介護転職トップへ戻る
(C)株式会社ベストパーソン