コラム:施設によって異なる介護職の仕事|特別養護老人ホーム(特養)
TIPS1
ライター:宇都宮雅子

■施設によって異なる介護職の仕事
イメージ
新聞や雑誌などではよく「介護職」と一言で表現されますが、働く施設ごとに高齢者の要介護度や症状が微妙に異なり、それに合わせて職務の内容も違ってきます。

また、介護施設には「入所型」「通所型」「訪問型」があります。入所型は高齢者の生活の場であり、1年365日24時間に渡って入所者のお世話をする施設ですので、昼間の勤務だけでなく交代で夜勤をこなす必要があります。通所型は昼間に高齢者が通ってこられる施設、訪問型は介護職が高齢者の自宅を訪問して仕事をするものです。

ここでは介護職を多く採用する施設について、その仕事内容をご紹介しましょう。

特別養護老人ホーム(特養)【入所型】
寝たきりや重い認知症など、常に手厚い介護を必要とする高齢者が入所する施設ですので、介護職の仕事は身体介護が中心になります。食事介助や排泄介助、入浴介助、移動介助、シーツ交換などが主な仕事で、介護職は日勤・夜勤・早番・遅番などに分かれて交代で24時間入所者のお世話をします。2004年現在で全国に約5,300の施設があり、21万人あまりが働いています(厚生労働省「平成16年度介護サービス施設・事業所調査」より)。

老人保健施設(老健)【入所型】
医学的な指導のもとに自宅に戻るための介護やリハビリテーションを行うことが特徴の施設です。介護職が交代勤務で24時間身体介護を行うことは特養と同じですが、老健では理学療法士の指示に基づいて介護職がリハビリテーションを行うこともあります。 3ヵ月程度の入所者が多いので、入所者ひとりひとりの特徴を短期間に把握する必要があります。

有料老人ホーム【入所型】
民間事業者などが都道府県に届け出て運営する施設で、「健康型」「住宅型」「介護付」の3つのタイプがあり、介護職が活躍するのは「介護付」タイプです。入所されている高齢者の状態はさまざまで、要介護度の重い入所者には特養と同じように身体介護を中心に行います。比較的お元気な入所者には、外出の付き添いやレクリエーション活動をサポートします。勤務体制は特養と同じく交代制となります。
(次ページへ続く)

次へ

↑ページ上へ
介護業界に独特の風景
e介護転職トップへ戻る
(C)株式会社ベストパーソン