コラム:「悪徳商法」から利用者さんを守れ!|「悪質商法」って、どんな商法?
TIPS7
ライター:志田玲子

巧妙な手口で消費者を狙う「悪徳商法」や「振り込め詐欺」。最近では、1人暮らしの高齢者が被害に遭うケースが増えています。在宅率が高く、時間的ゆとりがある高齢者は、訪問販売などに応じることも多く、親切そうに話し相手になってくれる業者に、つい心を許しがち…。そんな人恋しさにつけ込んで、さまざまな商品やサービスを法外な値段で売りつけたり、はたまた、電話口で言葉巧みに家族を装い、現金をだまし取ったりと、悪質な事件が後を絶ちません。
同居家族がいれば、機転を利かせて被害を未然に防ぐことも可能ですが、1人暮らしでは、誰かに相談することも難しくなります。そんな利用者さんにとり、介護現場で接するケアマネやヘルパーは、身近な相談相手になりそうですネ。

■「悪質商法」って、どんな商法?
ところで、「悪質商法」とは、具体的にどんな商法を指すのでしょう?「悪質商法」は、言葉巧みに消費者を勧誘し、不当に高い商品・サービスを売りつける販売方法です。たとえば…

・訪問販売
自宅を訪問し、消火器などの商品を高い値段で売りつける。最近は特に、1人の消費者にさまざまな商品を次々と販売する「次々販売」が横行しています。
・モニター商法
「商品モニターになれば、月○円のモニター料金を払います」などと消費者の関心を引き、商品を売りつける。
・点検商法
「家を無料で点検します」と訪問し、排水管や屋根などに「水漏れがある」などと言って消費者の不安をあおり、リフォーム工事を勧める。
・催眠商法
路上で景品引換券を渡して会場に誘い込み、着物セットなどを売りつける。

こうした「悪質商法」で利用される商品は、上記のほかにも浄水器・ふとん・アクセサリー・健康食品などさまざま。また、モノ以外に工事・建築関連のサービスのトラブルも増えています。
(次ページへ続く)

次へ

↑ページ上へ
介護の現場で輝く方法
e介護転職トップへ戻る
(C)株式会社ベストパーソン