コラム:「介護の仕事」と「家庭内のプライベート」|情に流されそうになったら、心の中でブレーキを
TIPS3
ライター:志田玲子

(前ページから続き)
■情に流されそうになったら、心の中でブレーキを
イメージ
利用者さんは高齢で、しかも、人の手助けを必要としている人たち。そんな不自由な思いをしている利用者さんを見て、「何とかしてあげたい!」と思うのは人情ですネ。田舎の両親を思い出し、つい業務範囲外の仕事まで引き受けてしまう…。そんな気持ち、よくわかります。でも、そうした感情に流されるのは、とても危険。ここまでならいいだろうと手を広げていくうちに、ずるずるとはまり込んで、家族の問題にまで踏み込んだりすると、思わぬトラブルを招いたりします。

だから、利用者さんに対する極端な感情移入は禁物。ヘルパーは、あくまでも第三者の立場なのです。そして、何よりもあなたは「介護のプロ」。そこはぐっとこらえて、「介護のプロ」に徹する心がけが大切。あなたを頼りにしている利用者さんは1人じゃない、ほかにも大勢います。1人の利用者さんだけのために、精力を使い果たしたら、ほかの利用者さんはどうなりますか? あなた自身の気力・体力は、もちますか? ヘルパーは、どんなにがんばっても、家族にはなれないのです。
一度、自分の心の中で「ここまではできる。でも、ここから先はタブー」と、線引きをしてみましょう。基本線を決め、あとは、許容範囲の中で、ケース・バイ・ケースで対応していく。ただし、基本線から大きくはずれないようご用心!

「情に流されそうだな」と、危険信号を感じ取ったら、心の中でぐっとブレーキを引いてください。「介護のプロ」として、心に引く境界線を大切にするあなたこそ、介護の現場では…ホラ、輝いて見える!

前へ

↑ページ上へ
介護の現場で輝く方法
e介護転職トップへ戻る
(C)株式会社ベストパーソン