コラム:あなたが輝ける「ステージ」はどこにある?|ホームヘルパー・介護福祉士
TIPS1
ライター:志田玲子

約426万人。
何の数字だと思いますか?実は、介護保険で要介護・要支援認定を受けた人(2005年10月末)。制度が始まった2000年の256万人から、なんと 200万人近くも増えています。たしかに、街を歩いていても、子どもより高齢者の姿を見かける方が圧倒的に多い…。改めて「少子高齢化社会」を実感!させられる数字ですね。
でも、介護業界でスキルアップをめざすあなたにとっては「前途有望な職場」。あなたのサポートを待っている高齢者が、ますます増える可能性があるわけ。では、その「前途有望な職場」には、一体どんな仕事があるの?

■ホームヘルパー
ホームヘルパー
要介護認定を受けた高齢者の自宅を訪問、家事や身体介護など生活全般のサービスを提供。1級〜3級まであるが、実務レベルは2級以上。2級は、国が決めた養成研修を修了すれば試験なしで資格がとれる。1級は、2級ヘルパーとして実務経験1年以上かつ業務従事日数が180日を越えると受験資格が得られ、講座を受講すればOK。
1級を取るメリットは、
・2級より常勤や正社員で雇用してもらいやすい
・2級だと3年の実務経験がないとなれないサービス提供責任者(訪問ホームヘルパーの指導などをする)に、実務経験なしでなることができる

■ケアマネジャー(介護支援専門員)
ケアマネージャー
要介護者の自立支援のための介護サービス計画(ケアプラン)を作成、その計画に沿ってサービスが受けられるよう、施設や各事業者のサービスを調整するのが主な仕事。
試験に合格し、さらに実務研修(6日間程度)を受けることが必要。受験資格は厳しく、保健師・看護師・介護福祉士などの資格をもち、かつ実務経験5年以上などいくつか条件あり。合格率は約26%(2005年)。
昨年の法改正の影響で、今年の試験から内容が大きく変わるので要チェック!

■介護福祉士
介護福祉士
国家資格。身体・精神の障害により日常生活が困難な人の入浴・食事などの介護や、介護指導を行なう専門職。

専門の養成施設で勉強する方法と、筆記・実技試験を受験する方法がある。試験の合格率は約50%。昨年度から、「介護技術講習」を修了すれば実技試験が免除される新制度がスタート。
介護施設で介護業務に3年以上(実動日数540日以上)従事すると、受験資格が得られる。将来的には、ホームヘルパーとして働くのに資格取得が条件になりそう。そのため最近は、この資格を募集条件とする求人も増えている。介護の仕事を続けていくなら、取っておいた方が有利!
(次ページへ続く)

次へ

↑ページ上へ
介護の現場で輝く方法
e介護転職トップへ戻る
(C)株式会社ベストパーソン