コラム:介護福祉の仕事が適職かを自己診断|急速なスピードで進む日本の高齢化
POINT1
ライター:西山喜代司

■急速なスピードで進む日本の高齢化
介護保険制度の運用は、施設入所者へのケアの質的な向上と在宅介護の普及を推し進めました。特に在宅介護では住み慣れた自宅や地域社会の中で暮らし続けることが大切、という考えの下に食事の支度、部屋の掃除から、排泄や入浴、食事の介助、体位交換などの在宅支援サービスの拡充が図られています。

介護は高齢者だけではなく、身障者や知的障害者、児童分野がありますが、福祉・介護関係の従事者の中で増加の著しいのは高齢者関係です。

イメージ
総人口に占める65歳以上の老年人口の割合が7%を超えると高齢化社会といわれますが、これは少子化が大きく原因しており、日本は1970年(昭和45年)に7%を超えました。以降日本は急速に高齢化が進み、高齢社会とされる14%に達したのは94年(平成6年)でわずか24年でした。ドイツでは40年、スウェーデンが85年、フランスはなんと128年となっており、アメリカはまだ14%に達していません。日本の高齢化が急速に進んでいることを実感できる数字です。日本では2015年に25%を超えるといわれ、4人に1人以上が「お年寄り」で超高齢社会です。このような状況から高齢者への介護の仕事に対するニーズがますます高まり、また専門員の不足することも容易に予想できます。
(次ページへ続く)

次へ

↑ページ上へ
後悔しない転職5つのポイント
e介護転職トップへ戻る
(C)株式会社ベストパーソン